このエントリーをはてなブックマークに追加

終身タイプと定期タイプの選び方

もしも実際に自分や家族ががんになってしまったら、入院や治療のために大きな費用が必要になることは、誰もがわかっていると思います。
そのため、がん保険に興味を持っている人も、多いことでしょう。
しかし、不安には思っていても、やはりまだ実際に自分や家族の身の上に、そういった事態が起こっているわけではありません。
そのため、「備えておかなくては」と心の底から思える人というのは、実は少ないのではないでしょうか。
「みんなが加入しているから」、「家族に負担をかけないためには、保険は必要だから」という漠然とした理由で、がん保険に加入している人も少なくはないと思います。
そのため、多くの人ががん保険を選ぶときに、保障内容そのものよりも、支払う保険料の額の方へ気をとられてしまいます。
「いつかかるのかわからないがんに対する備え」よりも、「今使えるお金」のことの方が現実的であり、大切だからではないでしょうか。
それは、当然のことだと思います。
しかし、がん保険について真剣に考えれば考えるほど、その保障内容を吟味して加入することの重要性もわかってくると思います。
そこで、がん保険を選ぶ際には、保障内容の充実と、そして保険料の安さとのバランスをよく見ることが大切になってくるのです。
そして、そのバランスを考えるにあたって大きな二つの選択肢が浮かび上がってきます。
それは、保険を終身タイプにするのか、それとも定期タイプにするのかということです。
終身タイプのがん保険は一度加入したら解約するまで、一生涯保障が続くタイプの保険です。
契約の更新が無いため保険料が途中で上がるケースも少なく、被保険者が死亡するか、がんにかかって保険金を受け取るまでは、同じ保険料を払い続けることになります。
ただし、デメリットとしては、保険料が上がらないため契約時の保険料が少し高めに設定されているという特徴があります。
定期タイプとは一定の期間について保険契約を交わし、一定期間が経過した後は更新することも解約することも可能です。
定期的に保険の見直しが出来るため別の保険に切り替えるという選択肢もあります。
ただし、契約更新を行う際には保険料が上がる商品が多いことに注意しなくてはなりません。
定期タイプのがん保険は若い加入者の保険料が安いことが特徴である一方で、年齢が高くなってくると保険料も高くなる傾向があります。
メリットとデメリットをよく理解した上で、どちらが自分や家族に合っているのかを検討してみましょう。
Copyright (C)2017いつ?いくら?がん保険でもらえるお金.All rights reserved.