このエントリーをはてなブックマークに追加

先進医療特約と通院保障について

みなさんは先進医療という言葉をご存じでしょうか。
最近ではテレビのコマーシャルでも色々な保険会社のものが流れていますので、その中で先進医療という言葉を耳にしたこともあるでしょう。
先進医療とは日々開発されている最新の医療技術を使用した診断や治療のことを指します。
最新の医療技術を活用することでがんについての詳細な診断が可能となり、さらにはその治療にも色々な面から有効なアプローチを行うことが可能となっているのです。
そしてこの先進医療とは厚生労働大臣から医療技術としての認可を受けているものの、通常の健康保険では適用外となっているということが大きな特徴なのです。
そこで、先進医療特約というものが必要となってきます。
多くのがん保険では毎月の保険料にいくらかの特約保険料をプラスすることで、先進医療特約を付けることが出来ます。
保険会社によって追加する金額に差はありますが、大抵の場合は数百円程度の差額設定となっているようです。
ただし、先進医療を行うことができる医療機関は厚生労働省によって指定されている医療機関だけに限られています。
近年は指定医療機関の数も増えてきましたが、指定以外の病院で治療を受けても、この先進医療特約の対象とはなりませんので注意が必要です。
また、先進医療特約と並んでがん保険を考えるときに外せない項目は通院保障です。
通院保障とは入院治療を終えた後に通院しながら行う治療にかかる費用をカバー出来る保障ですが、がん保険の場合にはこの通院保障が非常に重要となります。
がんの治療は入院期間が非常に短いケースも多く、その後の通院治療の方に大きな費用が必要となることも多いからです。
例えば重粒子線治療と呼ばれる治療方法があります。
この方法であれば、がんの患部を治療すること自体は非常に短期間で終了してしまいます。
そのため体への負担も非常に少なく、入院は短期間となり、術後すぐに退院出来るケースも少なくはありません。
しかし、しっかりとがんが消えてしまうまでは通院して治療を行わなくてはならないケースも多く、がんの状態によってはかなり長期間にわたって高額な医療費の支払いが続くこともあります。
そのため先進医療特約などで治療そのものに関する費用はカバー出来ても、通院治療にかかる費用が患者の自己負担となってしまうことが多いのです。
がん保険を選ぶ際には、かならず先進医療特約と通院保障について確認しておくようにしましょう。
そして、不明な点があれば、そのままにしておくのではなく、必ず保険会社に確認するようにします。

人気のがん保険関連のハナシは、ネットならここをブックマークしましょう

  • A label can be produced using a vinyl cutter such as a sticker machine.
Copyright (C)2017いつ?いくら?がん保険でもらえるお金.All rights reserved.