このエントリーをはてなブックマークに追加

入院日額の詳細を知っておく

実際に病気を患って入院治療を行うと、治療にかかる費用以上に入院費が負担となってしまうケースもあります。
こういった入院費をカバーするために、保険に加入していると言っても良いでしょう。
そのため、入院保障はがん保険の加入や見直しを検討する上で、欠かせないポイントとなっています。
しかし、入院保障にはどういた費用が含まれているのかを、よく知らないという人も多いのではないでしょうか。
がん保険の商品説明を見ていると、「1日入院あたり、○万円給付」といった記載が見られます。
この入院日額は一般的には5000円や10000円となっていることが多いようです。
しかし、実は実際に入院した場合、入院そのものに1万円も必要になることはほとんどありません。
この入院日額には、入院に必要な費用以外にも諸費用が含まれているのです。
例を挙げてみると、入院では健康保険対象外の医療費を自己負担しなくてはなりませんが、それ以外にも諸費用が自己負担となるケースがあります。
一般的なものとしては、差額ベッド代が挙げられるでしょう。
疾患内容や地域、そして病院によって、この差額ベッド代は異なっています。
そのため、入院した地域や施設の内容によっては、差額ベッド代の負担が大きくなることもあります。
さらに、病院や施設によっては、入院時の食事代が別途必要になることもあります。
そういった場合にも費用は自己負担となりますので、この点もがん保険の入院日額でカバーしているのです。
また、どういった保険商品でも同じことが言えますが、保険に加入する際に一番気をつけるべきなのは、保険には保障の対象外となるケースがあるということです。
例えば、絶対に保障対象外と見なされるケースとしては、申し込み時の告知を正確に行っていなかったという告知義務違反のケースです。
もしもがん保険の加入手続きを行うときに、体に何らかの病気などが有ることがわかっていれば、保険会社の指示に従ってその内容を告知しなくてはなりません。
がん保険の場合には、がんの有無が主な項目となりますが、がん保険加入時にがんの診断を受けているにも関わらず、黙って申し込みを行った場合は告知義務違反となります。
この場合、保険開始後にがんの治療についての保障を求めたとしても、告知義務違反として保険の適用は受けられなくなってしまいます。
故意の告知義務違反ではなく、うっかり告知の際に偽りの報告をしてしまった場合でも、告知義務違反として保険金は支払われないことになってしまいますので、注意しなくてはならないでしょう。
Copyright (C)2017いつ?いくら?がん保険でもらえるお金.All rights reserved.